自分のフィッシングのゲンコツがおっしゃることが

身は好みで、ブラックバスフィッシングを行っています。悪徳風呂は外来魚であり、増殖技術が手強いので今は日本全国の川や原野池、ダムなどに生息している。ブラックバスフィッシングは、根本キャッチアンドリリースで、悪徳風呂自体を食べたりすることはありません。ぐっすり海釣りをする側は、食べもしないのに、何が嬉しいのかと言われますが、悪徳風呂はフィッシング自体を楽しむのが魅力です。摂る為にではなく、釣り自体を楽しむという、純粋に釣りだけを楽しむ売り物なので、釣りとして一番純粋な釣りです。ワームやルアーで魚や虫の動きを復元して、それで騙して、悪徳風呂を釣るという、自分のゲンコツが頼りのフィッシングだ。看板を垂らして釣るだけでは、ブラックバスフィッシングをしているからすると何も面白くはなく、自分のフィッシングのゲンコツがおっしゃることが、ブラックバスフィッシングを行っている側の自信なのです。今では遠くの街路まで、一層大きな悪徳風呂を求めて釣りに出かけている。今後はフェスティバルなどにも出演して、自分のゲンコツを試したいと考えています。ブラックバスフィッシングは、私の一生を楽しませて得る、甚だ大切なこととなっています。